忍者ブログ
HOME ≫ [1] [2] [3] [4] [5] [6]  ■□■□■  | Admin | | Write | | Comment |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



黒猫ちゃんたちの行き先が決まらぬまま、新年を迎え
決まりかけた話も、急にダメになり
それでも探していたら

1/11、sakiパパのお姉ちゃんが1年前に保護した猫の飼い主さんが
前から黒猫が欲しいと思っていたと…
避妊手術と猫エイズ検査がクリアだったら、是非、引き取りたいと。

なんと嬉しいお話!
2匹一緒に引き取ってくれるなんて、私たちの願いが叶った~って思いました。
この子たち、引き離したくないって思っていたので。


1月に入り、寒さが厳しくなって、唯一雪が積もった日。
お家の中に入れてあげたいけど、入らないし
段ボールの風よけと毛布でなんとか過ごしてもらいました。







黒猫ちゃん達、男の子は触れるようになったけど
女の子が警戒心がとっても強くて、一切触らせてくれないという状況で
どうやって捕まえようかと、試案してて
女の子がご飯食べてるときに後ろから捕まえてみたけど
スイッとすり抜けられて、これは無理~と

それで、sakiパパお姉ちゃんに猫ケージをお借りして
玄関前に置いて、いつも通り、ご飯をケージの中に入れてあげてみたら
なんと、、、すんなり入って食べたのです。

sakiパパが静かに扉を閉めて、2匹一緒に負担かけることなく捕まえられました。







ケージの中でも、いつも一緒^^
ケージは、段ボールで囲ってあげることで落ち着くかなと思って
横三面囲ってあげました。







せっかく買ったドーム型のハウスがぺったんこ







ならば、スリッパ型なら大丈夫かと思って入れたら
男の子が入って寛いでました。







そしたら、女の子も一緒に。







ふたり、ホントに仲良しなのです。







スリッパ型のハウス、、、いい感じ~と思ってたのもつかの間
またぺったんこになってました。







直しても、直しても、ぺったんこになるので、もうあきらめました。


2/7、外の世界と遮断して1週間経ったので
ふたりとも病気がないかの検査と、女の子は可哀想だけど避妊手術を。







避妊手術後は隔離したほうがいいって獣医師さんに言われたので
男の子は、ざぶ君のところで預かってもらうことになりました。

ざぶ君と黒猫ちゃん(男の子)
野良時代は、一番仲良しだったから。







ざぶ君の飼い主さんいわく、
ざぶ君のほうが黒猫ちゃんにベッタリなんだそうです。
野良時代、よくふたりで追いかけっこして
遊んでる姿を見せてくれてました^^







避妊手術を終えて帰ってきた黒猫ちゃん(女の子)
友達から避妊手術の後は3日間くらいグッタリする子もいるって聞いてたので
ココロの準備はしていたものの、、、目も開けないほどグッタリしているから
可哀想で仕方ありませんでした…







翌朝、お薬も出てたので、なんとか飲ませて
ご飯も食べさせてみたら、食べてくれたので、ほっとしました。

が、まだ、グッタリしてて、昔、sakiがヘルニア手術した後
ある人が「ママの手は、魔法の手」って言ってくれたことを思い出し
黒猫ちゃんの痛みが少しでも和らぐようにと
優しくカラダを撫でてあげてました。


2/8、黒猫ちゃんの新しい飼い主さんが可愛いお名前をつけてくれました。
男の子は、ふく君
女の子は、ひなちゃん


ひなちゃんは術後3日目は、やっと寝返りも打つようになり
頭も少し起こすようになりました。







避妊手術から1週間経って、動けるようになってきました。







ずっと姿を見せてなかったこの子達のお母さんが
この頃から、また姿を見せるようになりました。







ひなちゃんは、一人でおトイレにも行けるようになりました。
避妊手術後、ひとりで痛みに耐えてる姿に耐えられなくて
時間がある限り、ずっと撫でてあげてたのもあって
ひなちゃん、お食事後は特に、撫でて~ってしてくるようになりました。







2/22、抜糸してもらいに病院へ行きました。
エリカラ生活終了~







エリカラ生活、我慢してくれてたので、綺麗にくっついてるって言われました。







でも、目を放してる間、舐めちゃうようで、お腹が赤くなってました。







3/1、ふく君とひなちゃんの猫エイズ検査をしてもらいに病院へ行きました。

ふく君は、まだ、ざぶ君のお家で預かってもらっていたので、
病院へ行く前に迎えにいきました。

すると、ざぶ君、ふく君を連れ去られると察知したようで
ハウスの中に入っているふく君を守ろうと
ハウスの入り口をふさいでしまいました。
こんな姿を見ると、、、やっぱりつらい

ざぶ君の大好きな、ふく君を…


猫エイズの検査はクリアで、ひなちゃんのお腹はお薬を塗ることになりました。
ひなちゃんのお腹、表面は綺麗にくっついているんだけど
内側に違和感があって舐めてしまうんだろうということでした。







ざぶ君とふく君も、とっても仲良しだったけど
ひなちゃんとふく君も仲良しなのです^^







こうしてよく舐め合ってました。
もう、この姿も見れなくなります…つらい

そして、一番警戒心強くて、なついてくれそうになかったひなちゃんが
ミャ~ミャ~と自己表現をして、撫でて~って言ってきたり
すり寄ってきたり、ホントに愛らしい仕草を見せてくれて
お別れがつらくなるばかりでした…







3/4、ふく君とひなちゃんを神戸の新しいお家へ連れて行きました。
お別れが、これほどまでにつらいとは…



==記録==
ふく君 3.7kg
ひなちゃん 2.7kg







saki 10歳6ヶ月24日  家族になって3797日目
ヘルニア手術から7年6ヶ月27日

PR


玄関前に置いた段ボール、3匹とも愛用してくれていました。

でも、3匹入ると1匹のお尻がすこ~し出ちゃうくらいまで
みんな大きく成長してくれたので、そろそろ…







毎朝、玄関を開けるとキジトラ柄の子はこんなふうにミャ~~~と言ってきて
なでなでするとのどを鳴らして、もう、抱っこもできるようになってました。
黒猫ちゃんが右後ろに写ってるけど、黒猫ちゃんはいつもちょっと離れたところで
なでなでされる様子とかを見てたけど、近寄って来るのはご飯の時だけでした。







ごめんね。
今日でお兄ちゃんとはバイバイだよ。。。







この日の夜、キジくんのところへキジトラ柄の子はお引越ししました。
1週間ぶりの再会で、ふたりベッタリ^^
お名前、ざぶ君ってつけてもらいました。







翌日、黒猫ちゃん2匹になって、、、どうなるかなって心配したけど
二人とも段ボールハウスで寝てました。
いつも通りご飯も食べてました。







お庭を自由に歩き回る女の子







そして、こちらが男の子







ざぶ君がいなくなっても、黒猫ちゃん達
毎朝、玄関開けると、段ボールから出てきて
ご飯を待ってました^^

キジくんがいなくなった時に、ざぶ君が、弟たちを守るようになったように
今度は、黒猫ちゃんの男の子が、女の子を守るように
私たちに寄り添ってきてくれるようになりました。







11/8 キジ君のところへ行って1週間経ったざぶ君
病院で検査してもらいました。
診察台では、フリーズしてるみたいにじーとしてて
おとなしくて、とってもいい子でした。







野良生活してたのに、耳も綺麗だし、病気もないし
ホントに野良生活してた?と先生が。

確かに…ほとんど、家の前にいたからなぁ。。。


ざぶ君とお別れして約2週間経った黒猫ちゃん
男の子のほうが、玄関の扉を開けると、スリスリするようになりました。
そして、ドア越しなら触らせてくれるようになりました。







女の子のほうは、まだ…
近づくと、離れちゃうのです。
ただ、猫じゃらしでは、遊べるようになりました。







お昼間も、家の前で過ごしほぼ1日ここで過ごすようになりました。







12月に入り、寒くなってきて、段ボールハウスに毛布を入れたり
底冷えしないように、床に何重にも段ボールを敷いたり
風邪よけを作ったり、少しでも快適に暮らせるようにと…




(女の子)


黒猫ちゃん達は、いつも一緒に行動してて
ホントに仲良しでした。




(男の子)



毎日、必ず猫じゃらしで遊んで、女の子にもココロ開いてもらえるように
私たちも努力しました。




(女の子)



男の子のほうは、この頃はもうドア越しでなくても触れるようになって
お腹も見せてくれるようになってました。




(男の子)



二人でいつも日当たりの良いところで日向ぼっこしてました。







黒猫ちゃん2匹で引き取ってくれるところを探し回っていたけど
なかなか2匹で、というのが難しく…

年末の時点では、行き先が決まっていませんでした。









saki 10歳6ヶ月24日  家族になって3797日目
ヘルニア手術から7年6ヶ月27日




9月に入り、子猫ちゃん達も頻繁に姿を見せるようになっていました。







↑この姿を見ると、昔、この子のお母さんと思われる猫ちゃんが
ここで日向ぼっこしてたな~と、思い出します^^







9月というのに、まだまだ残暑厳しい頃
風通しのよいココでよく寝てました^^








秋が近づいてきた頃、ほぼ毎日、駐車場に姿を現していた4匹の子猫ちゃん達







まだ生後5ヶ月になったばかりくらいなのに
警戒心が強く、なかなか近寄ってきませんでした。







食べ盛りの時期なので、姿を見せるたびにご飯をあげてました。







夜ご飯の時は、だいたい4匹揃って食べてました。







塀に上って待ってたり、玄関前で待ってたり、門の前で待ってたり…
(2匹いるの、わかるかな?)







ご飯を持っていく時に、ミャ~ミヤ~とないて意思表示するようになってました^^







キジトラ柄のこの子達は、割と警戒心を解いてくれて
いつも仕事から帰ると、玄関前で待っててくれました^^







朝、晩、涼しくなってきた頃、段ボールを置いてあげたら入ってました^^







この頃は、お昼間も駐車場にいることが多くなってました。







よく日向ぼっこしてる姿も^^







そしてこの頃、ご飯を食べるときは、何故かひとりが見張り番で
他の子がその間に食べる、という感じで食べてました。







夜、私の帰りを待ってたのー^^って言ってくれたら嬉しいけど
たぶん、ご飯を待ってるんです。







夜は必ず玄関のどこかにいました。
(2匹いるの、わかるかな?)







黒猫ちゃん2匹はとても警戒心が強くて、ご飯を食べるとき
周りで不審な動きがあると、すぐにクルマの下に逃げ込んで食べ損ねていたので
一人でいるときには、こうしてご飯をこっそりあげてました。







10/24、一番警戒心を解いてくれてた子を
抱っこしても逃げなかったので、そのままキャリーに入れて
病院へ連れて行って検査してもらい
知り合いのお家にお引越しとなりました。
キジくんというお名前をつけてもらいました。







1匹いなくなったから、残り3匹、どこかへ行っちゃうかと心配したけど
翌日も、いつも通りご飯頂戴~と、ミャ~ミャ~ないて待っててくれました。







この頃は、もう1匹のキジトラ柄の子が、10/24にお引越ししたキジくんのように
急激に触れるほどになってきてました。







10月末にもなると、朝晩冷え込んできたので
段ボールを玄関前に移動させてたのですが
3匹仲良くこの段ボールに入って寝てました。







↓sakiのお散歩へ行こうとしたときの写真なのですが
普段、sakiを抱っこして、この子達に会わせていたので
この日、初めて歩くsakiを見たのです。
2匹とも、「なに?あれ…」みたいなお顔して、覗き込むように見てました^^







キジくんがいたころ、キジくんが他の3匹を守ろうとしてか
他の子は近寄ってこなかったけど、キジくんが抜けると
今度は、この子が他の2匹を守るため、私たちにココロ開いてくれてました。







この子の行き先も決まっているので、もう少し慣れたら。







saki 10歳6ヶ月24日  家族になって3797日目
ヘルニア手術から7年6ヶ月27日




6月のある日、お隣のお家で泣いていた子猫ちゃんに
兄弟がいるのに気付いたのは、7月に入ってすぐでした。

sakiパパが3匹の子猫を見かけて
キャットフードと子猫用ミルクをおすそ分けしました。







みんなで仲良く食べるんだよ~







最初3匹だと思っていた子猫ちゃん達







実は4匹いたのです。
キジトラ2匹と黒猫ちゃん2匹







その頃、お隣のお家から保護した子猫ちゃんは
この通り、すくすくと大きくなってました。







7月も終わる頃、生後約2か月となった子猫ちゃんは
saki専用のお食事用長椅子にも自力でよじ登り
動きもとっても素早くなってた頃でした。







ずっとマイペースで過ごしていたsaki…
子猫ちゃんに遊ぼう~と誘われても、遊び方を知らないsakiは
飛び掛かられても、噛まれても、やられるがまま怒れないのです。

そして、おもちゃ箱と化していたハウスの中に避難してました。







子猫ちゃんは、日に日にいたずらっ子となりました。







なかなかのお顔してるでしょ^^







saki 10歳6ヶ月24日  家族になって3797日目
ヘルニア手術から7年6ヶ月27日




6月のある日、お隣のお家で泣いていた子猫ちゃん

お隣から一緒に探してほしいと頼まれたsakiパパ
まだ生後1ヶ月経っていない子猫ちゃんを保護しました。







すぐに病院へ連れて行き、検査してもらって異常なし。
痩せてるから、泣いたらすぐにご飯をあげて、暖かくしてあげてください、と。







子猫ちゃんは無事に大きくなっていきました。







ある日のお食事風景です。

sakiが、sakiパパに鶏肉頂戴~って前足でおねだりしてると
何故か、子猫ちゃんも真似をして?!







sakiが鶏肉をもらうのを見ていた子猫ちゃん







私も~と、言わんばかりに整列しちゃってます。







でも、このときはまだ鶏肉には興味ナシでした。。。







8月まで保護猫ちゃんと一緒に生活していたsaki家
sakiは、最後の最後まで、子猫ちゃんに怒れず、逃げる日々でした。。。

↓こちらは、9月のある日、子猫ちゃんが遊びに来たのですが…
sakiにとびかかり、sakiと遊ぼうとしているんだろうけど







sakiはそういう遊び方を知らないから、、、逃げちゃうのです。







sakiの性格では、なかなか共存は難しいかな~










saki 10歳1ヶ月16日  家族になって3636日目
ヘルニア手術から7年1ヶ月19日

      次のページ >>
忍者ブログ[PR]

template by nt.syu-chan.net