忍者ブログ
HOME ≫ Category 「hernia」 ≫ [1] [2]  ■□■□■  | Admin | | Write | | Comment |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





『 今日は、ちょっと寒いです。。。 』







sakiのお散歩は、早朝に行ってるんだけど
だいぶ、“涼しい”を通り越して“肌寒く”なってきた今日この頃。


saki、約2ヶ月遅れのヒートがきました!
おパンツはいて、ワンちゃん達のいない時間帯にお散歩です。







いつもの時間より30分早くお散歩すると
この辺では、だ~れにも会わないんです。



ヒートがきて、お散歩行くのを嫌がるかと思ってたけど
意外とすんなりお散歩へ行く準備に協力してくれるsaki。



せっかくついてきた筋肉維持の為にも
少しだけでもリハビリを兼ねたお散歩をしておかないと…
と思って行っています。



途中で、休憩しながらね。







お家の中では、普段以上に眠り姫になってます。
寝ていない時でも、目だけ動かして、カラダはこんな感じ。







しばらくはお出掛けできないね。。。









今日は、動画を3つ。
歩けるようになってきたsakiの変化です。




リハビリセンターに通い始めて間もない頃
お家の中で歩くsaki







この部屋、和室なので
とりあえず敷き詰めた敷物には、目をつぶってね。









こちらは、お散歩の許可が下りて間もない頃







まだ、ナックリング(足の甲で立たせた状態)で立っていても
すぐに正常な足の状態に戻そうとするのが遅かったね。

立って、歩いているけど、まだぎこちないでしょ。。。











こちらは、最近のsaki







ピョンピョン飛び跳ねるように歩くのは、これが楽な歩き方だから。
本当はしっかりゆっくり歩くのがリハビリになるんだそうです。





少しずつ、sakiのペースで歩いていってね。











よかったらshopの方へも遊びにきてね。








生地に関しては、ご相談もアリです。
よろしくお願い致します。







saki 3歳 1ヶ月20日 家族になって1083日目
PR




『これからどこへ行くのかな…』







この日は、リハビリの日。
sakiの緊張度合いが伝わってきます。







もう、抜糸も終わっているので、水中歩行のリハビリ開始です。







この機械、「動物用水中トレッドミル」というそうで

脚にかかる負荷が水の浮力で軽減するので
無理のない体力強化や筋力強化ができる装置です。






sakiは、今、5分~10分のお散歩の許可が下りていて
毎朝、公園へ行って歩いています。


トレッドミルでの歩行、この日は10分でした。


水中で10分の歩行は、地上で20分の歩行に
匹敵するそうです。

まだ10分ほどしか歩いていないsaki、最後まで歩けるのかな?!







水中トレッドミルでのsaki







初めての子はなかなか歩かないそうです。
でも、sakiは、最初から歩いちゃってました。ププッ







少しでも脚を止めると、後へスーと流されていっちゃって
先生達も手で補助して下さるんだけど
早足で戻ってくるsakiを見てると、頑張ってるな~なんて…。


動画も撮ってみたので、よかったら見てみてね。







先生に、後脚がしっかり前脚に続いて動いているから大丈夫。
と、言われました。


よかった~




最後は、シャンプーしてもらって終了です。







トレッドミルで歩くだけで体力を消耗しているので
シャンプーは、素早くすることが大事だそうです。

お家でのシャンプーもワンちゃんにとっては
かなり体力を消耗するらしいです。
疲れている時などは、気をつけてあげて下さいね。




水中トレッドミル、シャンプーで疲れきったsaki




…と、思ったら




シャンプーを終えて、フロアーを元気よく小走りしてきたsaki
意外なほどに元気、元気。


若いってすごいな~










いつも励ましのコメントやメール、本当にありがとうございます。
頂いた応援メッセージを何度も読み返し、励みにしながら
sakiと一緒に頑張っています。

お返事がなかなかできず本当にごめんなさい。

しばらくの間、コメントのお返事は訪問した時にさせて下さいね。
そして、ブログをされていない方は、こちらの方で
コメントのお返事をさせて頂きますね。





 

saki 3歳 24日 家族になって1056日目




『これから病院へ行くの…』








sakiは、リハビリセンターに通いながら
鍼治療、レーザー治療にも通っています。


鍼治療・レーザー治療はsakiには、とっても合っているようで
初めて鍼・レーザー治療をしてもらった日に、早速、変化が起きました。



それまでは、ピーンと伸びきってた前脚







それが、曲がるようになったんです。
コリがほぐされたような感じなのかな…









とっても楽になったようで、それからは
気持ち良さそうに眠れるようになりました。




そして、もうひとつ






それが、コチラ








…ん?


…なに?


sakiの横顔???



って思うよね。
別に普通の写真。


だけど、これもすごいことだったんです。




『sakiの頭が起き上がってる』




それまでは頭が起き上がることもなかったんです。



もう、ホント寝たきりでした。
寝返りも、もちろんできないから
30分おきに、寝返りをさせたり


お友達から、「ママの手は、魔法の手」って教わって


痛みがマシになってくれたらな…と思いながら
sakiのカラダをずーとなでたり

早く、感覚が戻ってくれたらな…と思いを込めて
足裏マッサージをしたり

とにかくsakiに触れていました。



そんな寝たきりsakiが、鍼・レーザー治療を受けてから
頭を起こせるようになったんです。

ホントはごくごく普通のことなんだけど、
できなかっただけに嬉しさもひとしお…




鍼・レーザー治療のすごさを感じました。




身が軽くなるのか、コリがなくなるのか
嬉しくて?!ヨロヨロしながらも
治療して頂いた日は、家の中でも走る姿を見せたりするんです。


本当にびっくりです。





そんなsakiが鍼治療・レーザー治療をしている様子を
写真に撮らせて頂きました。







鍼に電気が通っていて、ピクッ…ピクッ…って
筋肉が動いてます。







saki、嫌がることなくじーーーとしてるんですよ。
本当に気持ちいいみたい。



鍼治療を考えていらっしゃる方がもしいらっしゃったら
是非、一度、してもらうといいと思います。
個体差はあるかと思いますが、sakiにはとっても合いました。


おかげで、sakiは、寝たきり生活から
頭をあげれるようになり

前回の動画のように、前脚だけで歩けるようになり

そして、後脚も使って4足歩行もできるようになり…



リハビリセンターの先生も、鍼・レーザー治療の先生も
みんなが驚くスピードで回復していっています。










いつも励ましのコメントやメール、本当にありがとうございます。
私達は、頂いた応援メッセージを何度も読み返し、励みにしながら
sakiと一緒に頑張っています。

お返事がなかなかできず本当にごめんなさい。

しばらくの間、コメントのお返事は訪問した時にさせて下さいね。
そして、ブログをされていない方は、こちらの方で
コメントのお返事をさせて頂きますね。








saki 3歳 21日 家族になって1053日目




皆様からの応援メッセージは、
私達にとって、勇気と励ましと希望を与えてくれる大切なお言葉です。
ひとつ、ひとつの言葉を、しっかりと思いに焼き付けて
sakiと一緒にリハビリに励む毎日です。

本当にありがとうございます。



術後、北摂救急動物病院の院長先生から
早期手術を行ったおかげで、神経への圧迫を早く取り除け
「グレード5だけど、歩ける可能性はあります。」
と、言われていました。

「神経も壊死していなかったので、きっと、歩けるでしょう。」
とも、言われました。

椎間板ヘルニアは、神経細胞が椎間板物質の圧迫により壊死してしまうと
歩行できなくなる可能性がグ~ンと上がってしまう病気です。
この圧迫を早く取り除いてあげると、歩ける可能性が見えてきます。


私達は、sakiが歩けなくても…、車椅子生活でも…
sakiが生きていてくれさえいれば、それで十分と思っていたので
正直、「歩ける」の言葉には、それほど重みを感じていませんでした。


でも、今になって、この言葉の意味を深く感じている今日この頃です。




『今日は、どこへ行くの?』







sakiは、術後、鍼治療・レーザー治療をしてもらいながら
リハビリセンターにも通っています。







兵庫県尼崎市にある「動物リハビリテーションセンター・HARC」

こちらの施設で、アメリカ・テネシー大学で資格を取得した
動物理学療法士の先生がsakiのリハビリを行って下さっています。








sakiの不安気な顔…







最初は、いろんなワンちゃんのニオイがするようで
すごく緊張してしまうようです。






鍼治療、レーザー治療をしてもらってから
sakiに動きが出てきて

その2日後
リハビリセンターに来た日の動画です。







こんなにも動くsaki
私達もびっくりです。

固まった脚の筋肉を低出力レーザーとマッサージでほぐしてくれて

尻尾を触られるのを嫌がる犬の習性を利用して立たせる方法で
sakiを立たせてくださいました。


動物理学療法士の先生からも
「本当にグレード5?」と聞かれるほど
術後9日にして、こんなに歩けるのはすごいことのようでした。

これには、手術までの時間が大きく関係しているようで
あの時の判断が、正しかったんだと思った瞬間でした。


この日、sakiに与えられた課題は

足裏のマッサージ
尻尾を触って立たせること
太らせること

の3点でした。


太らせること…は、
先生もこんなこと、初めて言うわ~とおっしゃっていたけど
この時のsaki、実は、2.1kgほどしかなく
体重が軽すぎて、重みがないために背中が丸くなって
綺麗なフォームで歩くことができないんだそうです。


もともと2.4kgの筋肉隆々だったsaki
今は、あれだけあった筋肉がひとつもなくなって
脚はガリガリさん。

こんな脚では立てないよね…って思うほど。



綺麗なフォームで4足歩行できるよう
これからしっかり食べて筋肉増やしていかないとね。



sakiは、この日、広いフロアで歩き回って
『久しぶりにリフレッシュしました~♪』
というような、表情を見せてくれました。









与えられた3つの課題と、
鍼・レーザー治療の先生から与えられていた
屈伸運動を欠かさず行い





術後14日目のsakiです。








まだまだ後脚がフラフラしてるけど
ちゃんと立って、歩いているでしょ~


偶然にもsakiと同じ日に手術をしたダックスちゃんがいるんだけど
その子は、まだ、ここまで歩けないそうです。


本当に、みんなの声が天に届いて
sakiに奇跡を起こしてくれたと思っています。

ありがとうございます。





私達と一緒に、みんながsakiのことを祈り
励ましてくれたおかげです。

本当に、本当にありがとうございます。







saki 3歳 12日 家族になって1044日目




いつもsakiと、私達にあたたかいコメントやメール
お電話をありがとうございます。
(お返事ができていなくてごめんなさい。)

本当に嬉しく思っています。

多くの方からの応援のおかげで
sakiは、順調に回復し、リハビリを頑張っています。

私達もsakiの頑張る姿を見て一喜一憂しながら
過ごしています。

たぶん、早い段階で、いいご報告ができるんじゃないかと
明るい気持ちで、リハビリに取り組んでいます。




忘れないうちに、続きをアップします。








病院の先生から、「溶血」かもしれないと言われて
自宅に戻ってきたsaki







カテーテルから出る尿がワイン色なの、わかるかな…?!
この尿、「血尿」ではないのです。


「溶血」


遠心分離機にかけると、血尿なら綺麗に分離するらしいのですが
sakiの尿は、分離せず、全体的に溶けてしまっていたのです。

血液検査をしてみても、赤血球の数値が下がっていて
これ以上、数値が下がると、良くない。と言われました。

sakiの進行の速さが気になるところだけど
今晩は、歯茎の色を注意して見ていて下さいと言われました。

歯茎の色が白っぽくなると悪くなっているということでした。








一難去ってまた一難…
saki、頑張って乗り越えてね。



食欲ゼロのsaki

帰宅後、お水をいっぱい飲んでしまい
お腹がパンパンになって、PM8:45 ~PM9:15までの間
お水をもどしてしまいました。

これには、反省しました。

体力を消耗しているsaki
もどすのはかなりつらかったはずです。

お水を欲しがっても、少しずつ…
適量を飲ませなければいけないと、強く反省しました。











■術後1日目(8/22・土)■




「溶血」の状態を見るために
薄めのトイレシートに採取したおしっこを落として
変化を見ました。



sakiのおしっこ


PM7:30 2ml ワイン色
PM10:45 1ml ワイン色
AM1:45 2ml ワイン色
AM4:00 9ml ワイン色
AM7:15 12ml 黄色+赤茶






「今夜が山場かも」という先生の言葉が頭の中をグルグル回って
私の生きがいのsakiに何かあったら…と、心配で心配で
夜中、何度も歯茎の色を見て

おしっこも採るんだけど、ワイン色からは変わらず
不安な夜を過ごしました。


朝、おしっこを採ってみると
一部分、黄色に変わっていました。

そして、赤い血の塊のようなものも出てきて


「よかったぁ~」と安堵の声。


これで山場は過ぎて、一安心。。。と思いました。





病院で待ってる時のカテーテル







うっすら赤茶色になったでしょ。。。
本当によかったです。



この日、病院はすごく混んでいて
病院の中で待つと、sakiが緊張してしまうので
クルマの中でずっと待ってました。







そしたら、途中、先生が様子を見に来てくださいました。
先生も一安心…といった感じでした。



血液検査をして、数値が下がっていないか見て下さり
溶血の疑いは晴れました。

やっぱり、相当なストレスが原因だったのかな…と
他の先生もsakiのところに来て、言っておられました。

ストレスが原因で溶血する子が、まれに、いるそうですが
病院では、初めてだったようです。



カテーテルはずっと入れてると衛生的に良くないのと
膀胱を押さえて排尿することで、リハビリにもつながるので
カテーテルを抜いて下さいました。

sakiの尿は、まだ、赤い塊が出てきたりしていたので
その塊が膀胱でつまったりはしないのかと聞くと

残った分は、体内に吸収されたりするので、
特に問題はないですが・・・

と、言って、先生が膀胱を押さえると
しっかり赤い塊が出てきたので、心配がひとつ消えました。



あと、右前脚にしていた点滴用の固定部分を抜いて下さいました。



本当は、この日も朝から夜まで入院する予定だったのですが
sakiにとって、入院することはかなりの負担なので
先生も、お家の方がいいみたいだね。
と言って、自宅療養になりました。

抗生剤の注射を1本打って、ビタミン剤を飲ませてもらって帰宅。



翌日は、日曜日で病院は休診日なんだけど
午前中は予約制で当直の先生がいらっしゃるとのことで
おしっこができなかったり、薬を飲ませられなかった時は
予約をとっておきますので来てくださいとのことでした。




帰宅中のsaki







ほっとしている感じでした。





毎日、1つ、1つのことをクリアしていくのに必死な私。

そんな、頼りない私に
毎日、sakiの経過を心配して連絡を下さる経験者のお友達が
次は、リハビリだね。とかレールをひいて下さって
無知な私に、知識とアドバイスを与えて下さるんです。

本当にありがたいです。










sakiは、きっと術後の痛みと格闘してるはず…









この日、sakiの3歳のお誕生日









誰もが予想もしなかったカタチで迎えた3歳のお誕生日でした。









お誕生日のプレゼントを贈って下さったお友達
本当にありがとうございました。
また、後日、ご紹介させて頂きます。







sakiが元気になったら、お誕生日のお祝いを
あらためてしようと思ってます。

それまで、sakiと私たち、頑張ります。




saki 3歳 8日 家族になって1040日目
  HOME    次のページ >>
忍者ブログ[PR]

template by nt.syu-chan.net