忍者ブログ
HOME ≫ Entry no.232 「子猫ちゃん達の記録 1月~3月」 ≫ [232] [231] [230] [229] [228] [226]  ■□■□■  | Admin | | Write | | Comment |


黒猫ちゃんたちの行き先が決まらぬまま、新年を迎え
決まりかけた話も、急にダメになり
それでも探していたら

1/11、sakiパパのお姉ちゃんが1年前に保護した猫の飼い主さんが
前から黒猫が欲しいと思っていたと…
避妊手術と猫エイズ検査がクリアだったら、是非、引き取りたいと。

なんと嬉しいお話!
2匹一緒に引き取ってくれるなんて、私たちの願いが叶った~って思いました。
この子たち、引き離したくないって思っていたので。


1月に入り、寒さが厳しくなって、唯一雪が積もった日。
お家の中に入れてあげたいけど、入らないし
段ボールの風よけと毛布でなんとか過ごしてもらいました。







黒猫ちゃん達、男の子は触れるようになったけど
女の子が警戒心がとっても強くて、一切触らせてくれないという状況で
どうやって捕まえようかと、試案してて
女の子がご飯食べてるときに後ろから捕まえてみたけど
スイッとすり抜けられて、これは無理~と

それで、sakiパパお姉ちゃんに猫ケージをお借りして
玄関前に置いて、いつも通り、ご飯をケージの中に入れてあげてみたら
なんと、、、すんなり入って食べたのです。

sakiパパが静かに扉を閉めて、2匹一緒に負担かけることなく捕まえられました。







ケージの中でも、いつも一緒^^
ケージは、段ボールで囲ってあげることで落ち着くかなと思って
横三面囲ってあげました。







せっかく買ったドーム型のハウスがぺったんこ







ならば、スリッパ型なら大丈夫かと思って入れたら
男の子が入って寛いでました。







そしたら、女の子も一緒に。







ふたり、ホントに仲良しなのです。







スリッパ型のハウス、、、いい感じ~と思ってたのもつかの間
またぺったんこになってました。







直しても、直しても、ぺったんこになるので、もうあきらめました。


2/7、外の世界と遮断して1週間経ったので
ふたりとも病気がないかの検査と、女の子は可哀想だけど避妊手術を。







避妊手術後は隔離したほうがいいって獣医師さんに言われたので
男の子は、ざぶ君のところで預かってもらうことになりました。

ざぶ君と黒猫ちゃん(男の子)
野良時代は、一番仲良しだったから。







ざぶ君の飼い主さんいわく、
ざぶ君のほうが黒猫ちゃんにベッタリなんだそうです。
野良時代、よくふたりで追いかけっこして
遊んでる姿を見せてくれてました^^







避妊手術を終えて帰ってきた黒猫ちゃん(女の子)
友達から避妊手術の後は3日間くらいグッタリする子もいるって聞いてたので
ココロの準備はしていたものの、、、目も開けないほどグッタリしているから
可哀想で仕方ありませんでした…







翌朝、お薬も出てたので、なんとか飲ませて
ご飯も食べさせてみたら、食べてくれたので、ほっとしました。

が、まだ、グッタリしてて、昔、sakiがヘルニア手術した後
ある人が「ママの手は、魔法の手」って言ってくれたことを思い出し
黒猫ちゃんの痛みが少しでも和らぐようにと
優しくカラダを撫でてあげてました。


2/8、黒猫ちゃんの新しい飼い主さんが可愛いお名前をつけてくれました。
男の子は、ふく君
女の子は、ひなちゃん


ひなちゃんは術後3日目は、やっと寝返りも打つようになり
頭も少し起こすようになりました。







避妊手術から1週間経って、動けるようになってきました。







ずっと姿を見せてなかったこの子達のお母さんが
この頃から、また姿を見せるようになりました。







ひなちゃんは、一人でおトイレにも行けるようになりました。
避妊手術後、ひとりで痛みに耐えてる姿に耐えられなくて
時間がある限り、ずっと撫でてあげてたのもあって
ひなちゃん、お食事後は特に、撫でて~ってしてくるようになりました。







2/22、抜糸してもらいに病院へ行きました。
エリカラ生活終了~







エリカラ生活、我慢してくれてたので、綺麗にくっついてるって言われました。







でも、目を放してる間、舐めちゃうようで、お腹が赤くなってました。







3/1、ふく君とひなちゃんの猫エイズ検査をしてもらいに病院へ行きました。

ふく君は、まだ、ざぶ君のお家で預かってもらっていたので、
病院へ行く前に迎えにいきました。

すると、ざぶ君、ふく君を連れ去られると察知したようで
ハウスの中に入っているふく君を守ろうと
ハウスの入り口をふさいでしまいました。
こんな姿を見ると、、、やっぱりつらい

ざぶ君の大好きな、ふく君を…


猫エイズの検査はクリアで、ひなちゃんのお腹はお薬を塗ることになりました。
ひなちゃんのお腹、表面は綺麗にくっついているんだけど
内側に違和感があって舐めてしまうんだろうということでした。







ざぶ君とふく君も、とっても仲良しだったけど
ひなちゃんとふく君も仲良しなのです^^







こうしてよく舐め合ってました。
もう、この姿も見れなくなります…つらい

そして、一番警戒心強くて、なついてくれそうになかったひなちゃんが
ミャ~ミャ~と自己表現をして、撫でて~って言ってきたり
すり寄ってきたり、ホントに愛らしい仕草を見せてくれて
お別れがつらくなるばかりでした…







3/4、ふく君とひなちゃんを神戸の新しいお家へ連れて行きました。
お別れが、これほどまでにつらいとは…



==記録==
ふく君 3.7kg
ひなちゃん 2.7kg







saki 10歳6ヶ月24日  家族になって3797日目
ヘルニア手術から7年6ヶ月27日

PR
●Thanks Comments
Name
Title
FontColor
Adress
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ[PR]

template by nt.syu-chan.net